メディア
ニュース
» 2019年07月29日 09時00分 公開

Nexperia BAS16TH、BAS21TH、BC807Hシリーズ、BC817KHシリーズ:定格温度175℃のダイオードとトランジスタ

Nexperiaは、SOT23パッケージを採用した定格温度175℃のダイオードと汎用トランジスタ製品を発売した。AEC-Q101準拠で車載用途に適しており、許容損失が増加していることから、ギアボックスなどの高温設計が可能になる。

[EDN Japan]

 Nexperiaは2019年7月、SOT23パッケージを採用した、定格温度175℃のスイッチングダイオードファミリーと汎用トランジスタ製品を発売した。高速スイッチングダイオード「BAS16TH」、高電圧スイッチングダイオード「BAS21TH」、汎用トランジスタの「BC807H」「BC817KH」シリーズだ。

定格温度175℃のダイオード、トランジスタのイメージ

 BAS16THは、スイッチング速度が4ナノ秒、ピーク繰り返し逆電圧が100V。BAS21THは最大スイッチング速度が50ナノ秒、ピーク繰り返し逆電圧が250Vとなっている。BC807Hは45V、50mAのPNP汎用トランジスタで、BC817KHは45V、500mAのNPN汎用トランジスタだ。

車載機器の高温設計が可能に

 いずれの製品も、パッケージサイズが2.9×1.3×1mmで、車載規格AEC-Q101に準拠している。また、定格温度150℃のデバイスと比べて、定格温度175℃のSOT23パッケージ機器は許容損失Ptotが25%増加していることから、ギアボックスやモータードライブ、ボンネット下に用いる部品、機器の高温設計が可能になる。

 定格温度175℃製品はこの他に、リードレスDFN、リード付きSMD、クリップボンドFlatPower(CFP)、LFPAKパッケージで提供される。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

EDN 海外ネットワーク

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.