メディア
ニュース
» 2019年08月06日 09時00分 公開

日本TI TPS62840:低静止電流のスイッチングレギュレーター

日本テキサス・インスツルメンツは、静止電流が60nAと低い、スイッチングレギュレーター「TPS62840」を発表した。バッテリーで常時稼働する多様なソリューションのサイズを縮小し、効率を向上する。

[EDN Japan]

 日本テキサス・インスツルメンツは2019年7月、動作時静止電流が60nAと低い、スイッチングレギュレーター「TPS62840」を発表した。バッテリーで常時稼働するソリューションのサイズを縮小し、効率を向上する。1000個受注時の参考単価は0.85米ドルからとなる。

 動作時静止電流は60nAで、競合品の3分の1に抑えた。1μAの軽負荷時の変換効率が80%と高く、バッテリーの寿命を延ばし、使用数を削減。サイズも小型化できる。結果として、全体的な電源ソリューションサイズの縮小やコスト削減が可能になる。

スイッチングレギュレーター「TPS62840」のイメージ

多様なバッテリー方式や構成に対応可能

 入力電圧範囲が1.8〜6.5Vと広いため、例えば直列リチウムイオン二次電池2個、1セルの塩化チオニルリチウム電池、4セルと2セルのアルカリ電池、リチウムイオンポリマー電池など、多様なバッテリー方式や構成に対応できる。

 他に、選択可能なモードとストップ機能を備える。モードピンで連続導通(強制パルス幅変調)モードを使用すると、リップルやノイズの性能が向上する。ストップピンで全てのスイッチング動作をオフにした場合は、EMI(電磁干渉)やリップルが削減でき、信号ゆがみを最小限に抑える。高精度なシグナルチェーン部品やセンサー、無線ソリューションがなくても同等の機能を発揮できることから、ソリューションコストの削減につながる。

 現在、8ピンSONおよび6ピンWCSPパッケージのサンプルを供給中だ。2019年後半には、熱特性強化型の8ピンHVSSOPパッケージの供給を予定している。評価モジュール「TPS62840-1DLCEVM55」「TPS62840-1YBGEVM56」も49米ドルで用意している。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

EDN 海外ネットワーク

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.