メディア
連載
» 2019年08月20日 11時00分 公開

メモリレコーダーの用途例と校正メモリレコーダーの基礎知識(3)(4/4 ページ)

[TechEyesOnline]
前のページへ 1|2|3|4       

メモリレコーダーの校正

 信頼性の高い測定結果を得るには、定期的に測定器の校正を行い、仕様に示されている確度が維持されているかを確認する必要がある。

 メモリレコーダーは、入力モジュールと本体が分離できるようになっている機種が多いため、メーカーでは、本体と入力モジュールは別々に校正を行って出荷している。利用側で入力モジュールを固定して使う場合は、本体と入力モジュールを一体で校正する場合もある。

本体の校正

 本体に組み込まれた基準クロックの周波数と、プリンタの紙送りの精度が校正対象になる。

入力モジュールの校正

 基準となる本体に、入力モジュールを実装して校正を行う。

おわりに

 オールインワンのメモリレコーダーは、日本で進化した波形測定器であり、日本が得意とする産業機械、自動車、精密部品、材料などの産業を支えてきた。今後も、新しい市場ニーズや新技術を取り込みながら、メモリレコーダーの進化は続くと期待される。


転載元「TechEyesOnline」紹介

TechEyesOnline

 TechEyesOnlineは、測定器を中心にした製品情報や技術情報を提供する計測器専門の情報サイト。測定器の基礎・原理、測定セミナーから、市場動向・展示会・インタビュー記事までオリジナルコンテンツを豊富に掲載しています。

前のページへ 1|2|3|4       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

EDN 海外ネットワーク

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.