メディア
ニュース
» 2019年09月05日 09時00分 公開

テレダイン Summit M5x:Gen-Z対応のプロトコルアナライザー/ジャマー

テレダイン・ジャパンのプロトコルアナライザー/ジャマー「Summit M5x」が、高速インターコネクト技術「Gen-Z」に対応した。エラー注入や通信内容の加工などのジャマー機能も備え、エラー耐性を効率的に検証できる。

[EDN Japan]

 テレダイン・ジャパンは2019年8月、同社のプロトコルアナライザー/ジャマー「Summit M5x」が、高速インターコネクト技術「Gen-Z」に対応したと発表した。

Gen-Z対応プロトコルアナライザー/ジャマー「Summit M5x」

Gen-Z規格に準じた32GT/秒までの通信に対応

 Gen-Z規格に準じた32GT/秒までの通信に対応し、PCIe 4.0 PHY(Gen-Z Physical Layer Specification v1.0)ベースのGen-Zをリンク幅x16までサポートする。エラー注入や通信内容の加工といったジャマー機能も備え、エラー耐性を効率的に検証する。

 また、USBやPCI Expressアナライザーで実績のあるCATCトレースビューにより、色彩情報による検索が容易だ。バッファーメモリは128Gバイトまで増設でき、長期の記録に対応。サーバベースシステムに適したプロービングを採用するほか、他のプロトコルアナライザーとのシンクロ機能も有する。

 制御PCとはUSBや1000Base-Tイーサネットで接続する。さらにオプションで、NVMeやCCIXを測定するPCI Expressアナライザーとしても使用できる。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

EDN 海外ネットワーク

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.