メディア
ニュース
» 2019年09月18日 09時00分 公開

インテル Agilex:CXLをサポートする、10nmプロセスのFPGA

インテルは、同社の10nmプロセス技術をベースにしたFPGAファミリー「Agilex」の出荷を開始した。既存のFPGA「Stratix 10」に比べ、性能を最大40%向上、消費電力を最大40%削減できる。

[EDN Japan]

 インテルは2019年8月、同社の10nmプロセス技術をベースにしたFPGA(フィールドプログラマブルゲートアレイ)ファミリー「Agilex」の出荷を開始した。

10nmプロセスFPGA「Agilex」

 ヘテロジニアス 3D SiP(シリコンインパッケージ)を採用し、第2世代の「Intel Hyperflex」FPGAアーキテクチャを統合。データセンターやネットワーキング、エッジコンピューティングなどのアプリケーションにおいて、既存のFPGA「Stratix 10」に比べて性能を最大40%向上、消費電力を最大40%削減できる。メモリは、DDR4、DDR5、HBM、同社の「Optane DCパーシステントメモリー」に対応する。

CXL、BFLOAT16、PCIe Gen 5をサポート

 新しいインターコネクト規格「Compute Express Link(CXL)」をはじめ、PCI Express(PCIe) Gen 5、BFLOAT16をサポートする。DSP性能は最大40TFLOPS。また、最大112Gビット/秒のトランシーバーを搭載し、400GE以上の高速ネットワーキング要件に対応する。

 なお、Agilexのデザイン開発は、FPGA開発ソフトウェア「Quartus Prime」経由で利用できる。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

EDN 海外ネットワーク

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.