メディア
ニュース
» 2019年09月27日 09時00分 公開

オン・セミコンダクター ARX3A0:0.3Mピクセルの高速デジタルイメージセンサー

オン・セミコンダクターは、解像度0.3Mピクセルの高速デジタルイメージセンサー「ARX3A0」を発表した。アスペクト比は1:1で、1/10インチの正方形フォーマットのため、高さの低いモジュール設計に対応する。

[EDN Japan]

 オン・セミコンダクターは2019年9月、解像度0.3Mピクセルの高速デジタルイメージセンサー「ARX3A0」を発表した。560×560アクティブピクセルアレイに基づく裏面照射(Back-Side Illuminated:BSI)型ローリングシャッターのモノクロセンサーで、近赤外波長での高感度により、光を全く照射しない場合や人間の目は検出できない照明の使用時でも高い性能を発揮する。

高速デジタルイメージセンサー「ARX3A0」

近赤外波長で高感度

 アスペクト比は1:1で、キャプチャーレートは最大360フレーム/秒。電力消費量は、30フレーム/秒のイメージをキャプチャーする場合は19mW未満、1フレーム/秒のイメージでは2.5mWと低い。シーンの動きや照明の変化を検出すると低電力モードから自動的に復帰する、電力管理機能も備える。

 1/10インチの正方形フォーマットのため、高さの低いモジュール設計に対応する。他に、装着者の目の動きを監視するAR(拡張現実)/VR(仮想現実)ゴーグルなど、配向が固定されていないアプリケーションにも使用できる。ダイサイズは3.5mmと小型で、センサーの視野を最大化する。

 チップスケールパッケージと再構成されたウエハーダイで提供される。また、PC上で動作するDevWareシステムとプロトタイプモジュールを搭載した評価ボードも用意する。マシンビジョンやAI(人工知能)、AR/VRアプリケーション、小型の補助セキュリティカメラなどの用途を見込む。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

EDN 海外ネットワーク

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.