メディア
ニュース
» 2019年10月04日 09時00分 公開

アナログ・デバイセズ ADuM4122:2段階ドライブ能力を持つ絶縁型ゲートドライバー

アナログ・デバイセズは、2段階のドライブ能力を持つ絶縁型ゲートドライバー「ADuM4122」を発表した。同ドライバーを採用することで、低速および高速スイッチングへの動的な移行が可能となり、高効率のままEM放射と消費電力を抑えられる。

[EDN Japan]

 アナログ・デバイセズは2019年9月、2段階のドライブ能力を持つ絶縁型ゲートドライバー「ADuM4122」を発表した。現在量産出荷中で、1000個購入時の単価は2.53米ドルとなる。

絶縁型ゲートドライバー「ADuM4122」

 ADuM4122は、フォトカプラ技術、トランス技術、半導体技術の利点を組み合わせた、トランスベースのアイソレーション(絶縁分離)手法の1つである「iCoupler技術」を採用しており、デジタル信号で効率的に2つのスルーレートを切り替えられる。

性能を維持しつつ、EM放射と消費電力を抑える

 より密度の高いオートメーションシステムへと移行する際、モーションシステムの効率を最大化し、EM(電磁)放射を最小限に抑える。これまでは、使いやすさや性能維持よりも、ゲートドライバー能力を選択してEM放射規制を順守することが優先されてきたが、同ドライバーにより低速スイッチングと高速スイッチングへの動的な移行が可能となり、高効率のままEM放射と消費電力を抑えられる。その結果、モーション制御やロボティクス、エネルギーなどのアプリケーションにおいて、システムの機能が向上する。

 入力電源3.3〜6.5Vで動作し、出力ピン当たりの出力電流は2A、ピーク短絡電流は3Aだ。絶縁性能5kVrms(1分間)で安全規格UL1577の認定を受けている。また、立ち下りエッジの最大伝搬遅延が48ナノ秒と高精度なタイミング特性を備える。

 パッケージは8ピンSOICを採用。主な用途として、スイッチング電源、絶縁型ゲートバイポーラトランジスタ(IGBT)、MOSFETゲートドライバー、産業用インバーターなどを想定している。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

EDN 海外ネットワーク

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.