メディア
ニュース
» 2019年10月07日 09時00分 公開

日本TI TPS7A02:低静止電流の小型LDOリニア電圧レギュレーター

日本テキサス・インスツルメンツは、低静止電流の小型LDOリニア電圧レギュレーター「TPS7A02」を発表した。電力要件の厳しい産業用およびパーソナルエレクトロニクスにおいて、バッテリー寿命を倍増する。

[EDN Japan]

 日本テキサス・インスツルメンツは2019年9月、低静止電流の小型LDOリニア電圧レギュレーター「TPS7A02」を発表した。グリッドインフラストラクチャやビルディングオートメーション、医療機器、ウェアラブル機器など、高精度、低電力アプリケーションに活用できる。

LDOリニアレギュレーター「TPS7A02」

 1×1mmの4ピンSONパッケージと、2.9×1.6mmの5ピンSOT-23パッケージで供給され、1000個購入時の参考単価は0.49米ドルから設定されている。また、評価モジュールも、20米ドルで用意する。

非常に低い静止電流25nA未満

 静止電流は25nA未満。リチウムイオン電池などを使用するアプリケーションで、バッテリー寿命が2倍になる設計ができる。ワイヤレスビデオドアベルとセキュリティカメラの設計に用いる場合は、業界標準比で4倍となる24カ月以上のバッテリー寿命を達成する。

 さらに、シャットダウン時の静止電流も3nAと低く、携帯型医療やウェアラブルにおいて、バッテリー保管寿命が競合品と比べ最大5倍に延長できる。

 安定化時間は1mAから50mAへの負荷過渡状態で5マイクロ秒未満のため、応答時間が短縮され、高速ウエイクアップなど優れた動的性能を発揮する。高速応答しながら出力電圧の変動を最小限に抑えるので、ワイヤレスIoT(モノのインターネット)や携帯型医療機器など、本体周辺から高精度で信号を取得する用途に有効だ。

 外付け回路や部品が不要で、ソリューションサイズを70%縮小できる。実装面積に制約のある設計でも、より小型かつ軽量で効率性の高い製品の設計ができるとともに、システムのコストが削減可能だ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

EDN 海外ネットワーク

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.