メディア
ニュース
» 2019年10月09日 09時00分 公開

ビシェイ VCNL3040:30cmまで検出する近接センサー

ビシェイ・インターテクノロジーは、30cmまで検出する近接センサー「VCNL3040」を発表した。前世代のセンサーと比較して、近接検出性能が33%向上している。

[EDN Japan]

 ビシェイ・インターテクノロジーは2019年9月、30cmまで検出する近接センサー「VCNL3040」を発表した。前世代のセンサーと比較して、近接検出性能が33%向上している。サンプル、製品ともに提供中で、量産時の標準納期は8〜12週間となっている。

近接センサー「VCNL3040」

 VCNL3040は、1つのパッケージにIRエミッタ、近接ライト受光部、増幅器、ADC回路を内蔵し、I2Cバス通信インタフェースに対応する。

 センサーは12ビット、16ビットから選択できる。プログラム可能なインタラプト(割り込み)機能を備えており、しきい値の高低を設定することで、マイクロコントローラーとの連続通信を軽減する。

高精度センシングと高速応答

 また、キャンセル機能でクロストークを排除し、スマートなパーシスタンス方式により、高精度なセンシングと高速の応答時間を保証する。ピーク波長は940nmで「red-tail」は発生しない。

 電圧範囲は2.5〜3.6V、I2Cバス電圧範囲は1.8〜3.3V、動作温度範囲は−40〜+85℃。パッケージは鉛フリーの8ピンQFNで、RoHSに準拠したハロゲンフリー品となっている。

 主な用途として、プリンタ、コピー機、家電のディスプレイ起動、玩具やロボットの接触防止、駐車場の空き確認などを想定している。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

EDN 海外ネットワーク

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.