メディア
ニュース
» 2019年10月23日 09時00分 公開

日本TI TPS638xxファミリー:最大2.5Aの統合型非反転昇降圧DC-DCコンバーター

日本テキサス・インスツルメンツは、統合型非反転昇降圧DC-DCコンバーター「TPS638xx」ファミリーを発表した。出力電流2Aの「TPS63802」「TPS63805」、同2.5Aの「TPS63806」「TPS63810」の4種を提供する。

[EDN Japan]

 日本テキサス・インスツルメンツは2019年10月、統合型非反転昇降圧DC-DCコンバーター「TPS638xx」ファミリーを発表した。出力電流2Aの「TPS63802」「TPS63805」、同2.5Aの「TPS63806」「TPS63810」の4種で、パッケージは2×3mmの熱特性強化型10ピンQFN、1.4×2.3mmの15ピンDSBGAで提供。1000個購入時の単価は0.98〜1.09米ドルとなる。

統合型非反転昇降圧DC-DCコンバーター「TPS638xx」ファミリーの利用イメージ

フットプリントを最大25%小型化

 フットプリントは19.5〜25.0mm2で、競合製品に比べて最大で25%小型化している。入力電圧範囲は1.3〜5.5V、出力電圧範囲は1.8〜5.2V。動作状態に応じて、降圧、昇降圧、昇圧を自動的に選択できる。

 動作時の静止電流(IQ)は11〜15μAで、優れた軽負荷時効率を発揮する。同時に電力損失を最小限に抑え、バッテリー駆動アプリケーションの稼働時間を延長できる。

 TPS63805は、出力コンデンサーが22μF、インダクターが0.47μHと小型で、産業向けや個人用の携帯型電子機器アプリケーションに適している。また、I2Cインタフェースを搭載したTPS63810は、2線式インタフェースまたはVSELピンによる動的電圧スケーリングに対応。スマートフォンやヘッドフォンなどのシステムで、プリレギュレーターまたは電圧エンベロープトラッカーとして機能できる。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

EDN 海外ネットワーク

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.