メディア
ニュース
» 2019年10月28日 09時00分 公開

富士通セミコン MB85RS2MTY:最大125℃の高温動作を保証する2MビットFRAM

富士通セミコンダクターは、最大125℃での動作を保証する、2Mビット(256K×8ビット)FRAM「MB85RS2MTY」を発表した。−40〜+125℃の温度範囲で動作し、EEPROMの約1000万倍となる10兆回の書き換え回数を保証する。

[EDN Japan]

 富士通セミコンダクターは2019年10月、最大125℃での動作を保証する、2Mビット(256K×8ビット)FRAM(Ferroelectric Random Access Memory)「MB85RS2MTY」を発表した。現在、評価サンプルを提供している。

2MビットFRAM「MB85RS2MTY」

 インタフェースはSPIを搭載する。動作周波数は、従来品比1.5倍の最大50MHzに高速化。動作電源電圧は1.8〜3.6V、動作電源電流は最大4mA、スタンバイ電流は最大220μA、ディープパワーダウン電流は最大30μAとなる。

使用イメージ

高温環境下で10兆回の書き換えを保証

 −40〜+125℃の温度範囲で動作し、EEPROMの約1000万倍となる10兆回の書き換え回数を保証する。リアルタイムでの走行データや位置データの連続記録が可能で、高温環境下で動作する車載機器に対応する。また、車載グレードのAEC-Q100グレード1に準拠する。

125℃動作のFRAMの特徴

 パッケージは、EEPROMと置き換えが可能な3.9×4.90mmの8ピンSOPと、リード無しの5.0×6.0mmの8ピンDFN(Dual Flatpack No-leaded package)で提供。エンジンやモーターによる発熱で高温になる自動車や、産業用ロボットなどのアプリケーションでの利用を見込む。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

EDN 海外ネットワーク

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.