メディア
ニュース
» 2019年10月31日 09時00分 公開

日本ケミコン PXQシリーズ:5G基地局に適したアルミ固体電解コンデンサー

日本ケミコンは、5G基地局などに適した、チップ形導電性高分子アルミ固体電解コンデンサー「PXQ」シリーズを発表した。温度範囲は−55〜+125℃、耐久性は105℃で2万3000時間、125℃で6000時間となる。

[EDN Japan]

 日本ケミコンは2019年10月、従来品に比べて耐熱性、耐久性、耐湿性に優れたチップ形導電性高分子アルミ固体電解コンデンサー「PXQ」シリーズを発表した。サンプル提供は2020年1月、量産は同年3月に開始する。

チップ形導電性高分子アルミ固体電解コンデンサー「PXQ」シリーズ

105℃で2万3000時間、125℃で6000時間の耐久性

 封口材や導電性高分子を最適化し、−55〜+125℃の温度範囲に対応する。耐久性は同社従来製品の105℃で1万5000時間、125℃で2000時間から、それぞれ2万3000時間、6000時間に長寿命化した。

 耐湿性も向上し、従来の60℃95%RH、1000時間から、85℃85%RH、1000時間となった。定格電圧は2.5〜1VDC、静電容量は100〜1200μF、等価直列抵抗(ESR)は22〜25mΩとなる。

 サイズは、φ6.3×L6.7mm、φ6.3×L9.7mm、φ8.0×L9.7mmの3種類を用意。5G(第5世代移動通信)の基地局などに適し、耐候性の向上やメンテナンスフリーに貢献する。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

EDN 海外ネットワーク

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.