メディア
ニュース
» 2019年11月01日 09時00分 公開

マキシム MAX17853:ASIL-D準拠の車載用バッテリーモニターIC

Maxim Integrated Productsは、ASIL-D準拠の車載用バッテリーモニターIC「MAX17853」を発表した。1つの基板で8〜14セルのチャンネル構成に対応でき、車載アプリケーションの検証や認定時間を削減し、設計時間を最大50%短縮する。

[EDN Japan]

 Maxim Integrated Productsは2019年10月、ASIL-D準拠の車載用バッテリーモニターIC「MAX17853」を発表した。EVやHVのバッテリーパックなど、車載向け中〜大型セル数構成を対象とする。

バッテリーモニターIC「MAX17853」のイメージ

1つの基板で8〜14セルのチャンネル構成に対応

 1つの基板で8〜14セルのチャンネル構成に対応でき、車載アプリケーションの検証や認定時間を削減、設計時間を最大50%短縮する。定格300mA以上のセルバランシングスイッチを14個備え、時間と電圧によって自動的に各セルのバランスを取り、過充電のリスクを最小限に抑える。

 動作電圧は65Vで、セルおよびバスバー電圧の測定精度は1mV(3.6Vセル、25℃)。温度、電圧、GPIO用に、設定可能な6つの補助入力を備える。また、最大32デバイスのデイジーチェーンを接続し、448セルの管理と192の温度監視を行える。

 これらの機能を冗長コンパレーターなどの部品を追加せずに搭載できるため、システムの小型化につながる。部品コストは最大35%削減でき、ソリューション全体のコスト低減にも役立つという。

 64ピンLQFPパッケージで提供され、評価キット「MAX17853EVKIT#」も250米ドルで用意する。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

EDN 海外ネットワーク

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.