メディア
ニュース
» 2019年11月12日 09時00分 公開

日本ケミコン LHJシリーズ:長寿命、高リップルのアルミ電解コンデンサー

日本ケミコンは、産機インバーター向けに、長寿命かつ高リップル電流対応の基板自立型アルミ電解コンデンサー「LHJ」シリーズを開発した。従来比最大60%の高リップル化とともに、105℃で5000時間の寿命を保証する。

[EDN Japan]

 日本ケミコンは2019年10月、産機インバーター向けに、長寿命かつ高リップル電流対応の基板自立型アルミ電解コンデンサー「LHJ」シリーズを開発したと発表した。従来比最大60%の高リップル化とともに、105℃で5000時間の寿命を保証する。

アルミ電解コンデンサー「LHJ」シリーズ

 同一リップル電流条件の場合、従来品よりも小型化、員数削減が可能。基板占有面積や占有体積を低減でき、コンデンサーの省スペース化、筐体の軽量化につながる。

低ESRかつ高リップル電流

 LHJシリーズは、低誘電損失のアルミニウム電極箔を採用し、独自の電解液を導入することにより低ESR(等価直列抵抗)化を図った。さらに、特殊構造により高リップル化を達成。定格リップル電流は3.09Armsと、既存の「KHJ」シリーズから最大60%向上している。

 総リップル電流が6Armsの場合、KHJシリーズでは3個必要なところ、LHJシリーズでは2個で対応が可能。また、定格リップル電流が2Armsの条件の場合、KHJシリーズでは35φ×45Lの大きさが必要なところ、LHJシリーズでは30φ×35Lと小型化できる。

 LHJシリーズのカテゴリー温度範囲は、−40〜+105℃。定格電圧範囲は400〜450V、静電容量範囲は220〜810μFだ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

EDN 海外ネットワーク

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.