メディア
連載
» 2019年11月15日 11時00分 公開

プログラマブル直流安定化電源の用途例や保守プログラマブル直流安定化電源の基礎知識(3)(3/4 ページ)

[TechEyesOnline]

半導体のパワーサイクル試験

 パワー半導体(MOS-FET、IGBTなど)は、オン時の自己発熱とオフ時の冷却という熱的なストレスが繰り返されると、チップとボンディングワイヤ間の破断、ヒートシンク部のはんだクラックなどが生じる。パワーサイクル試験は温度サイクルを繰り返して行い、パワー半導体の耐久性を調べる。

 これを行うには、パワー半導体に電流を流す直流電源が必要になる。この試験は複数のパワー半導体を同時に行うので、スペース効率の良い薄型の直流電源が使われる。

図8:半導体のパワーサイクル試験

LED素子のエージング試験

 LED素子は内部が高温になるため、品質確保を目的に出荷前にエージングが行われる。

LED素子の順方向電圧は1.8〜3.7Vとなるため、大量のLEDを直列に接続した場合は印加電圧が高くなる。また、出力をオンした時に突入電流がオーバーシュートしないように、直流電源はCC優先モードに設定する。

図9:LED素子のエージング試験

アナログ回路の測定

 アナログ回路を測定する場合は電源からの伝導ノイズが信号に混入することを嫌うため、評価の時に利用する電源は、スイッチング方式直流電源よりノイズの発生が少ないドロッパ方式直流電源が使われる。

 例えば、オーディオ機器やセンサー回路の評価には、ドロッパ方式直流電源の利用が望ましい。

図10:アナログ回路の評価

 直流駆動の車載機器から生じる放射ノイズを試験する場合は、供給電源からの伝導ノイズの影響を最小限にする必要があるため、ドロッパ方式直流電源が使われる。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

EDN 海外ネットワーク

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.