メディア
ニュース
» 2019年11月15日 09時00分 公開

フエニックス・コンタクト IO-Linkゲートウェイ:最大8台のIO-Link機器を接続するゲートウェイ

フエニックス・コンタクトは、最大8台のIO-Link機器に接続可能なマルチプロトコル対応ゲートウェイ「IO-Linkゲートウェイ」を発売した。OPC-UAをはじめとする産業ネットワークから、IO-Linkデバイスへ接続できる。

[EDN Japan]

 フエニックス・コンタクトは2019年10月、マルチプロトコル対応ゲートウェイ「IO-Linkゲートウェイ」を発売した。OPC-UAをはじめとする産業ネットワークから、IO-Linkデバイスへの接続が可能になる。

マルチプロトコル対応「IO-Linkゲートウェイ」

EtherNet/IP、PROFINET IO、MODBUS、OPC UAに対応

 クラスAのIO-Linkマスターを8ポート備え、最大8台のIO-Link機器に接続できる。入力電圧は24V、入力電流は3.5mAで、出力電圧は24V、出力電流は1.6A。PROFINET、EtherNet/IP、Modbus、OPC UAへの通信をサポートする。

 また、標準センサーを接続するための8つの補助デジタル入力により、対応可能なアプリケーションを拡張できる。他に、冗長入力電源接続やプラグインPush-in端子台を備える。

 インタフェースがEtherNet/IPの「IOL MA8 EIP DI8(1072839)」、PROFINETの「IOL MA8 PN DI8(1072838)」の2種類を提供。通信速度は10/100Mビット/秒(オートネゴシエーション付き)で、3線式接続を使用したポイントツーポイント通信に対応する。

 Webサーバを搭載しており、Webベースの管理ができる。IO-Linkゲートウェイ接続した機器は、Webサーバ経由で簡単にパラメーターを設定できる。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

EDN 海外ネットワーク

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.