メディア
ニュース
» 2019年12月19日 09時00分 公開

マイクロチップ 48L640、48L256、48L512、48LM01:バックアップ機能を備えた低コストEERAM

マイクロチップ・テクノロジーは、従来のシリアルNVRAMに対してコストを最大25%カットできるSPI EERAMメモリ製品ファミリーを発表した。電源供給が中断しても、外付けバッテリーなしでSRAMの内容を保持できる。

[EDN Japan]

 マイクロチップ・テクノロジーは2019年12月、従来のシリアルNVRAMに比べてコストを最大25%削減できる、SPI EERAMメモリ製品ファミリーを発表した。価格は、64Kバイトの「48L640」が1万個単位の購入で、1個0.7米ドルからとなっている。

SPI EERAMメモリ製品ファミリーのイメージ

電源供給が中断してもデータを保持

 EERAMはスタンドアロンの不揮発性RAMで、電力供給の中断を検出した場合は、SRAMのデータを不揮発性ストレージに自動的に書き込む。その後、電力供給が回復すると保存データをSRAMに書き戻すため、電源供給が中断しても、外付けバッテリーなしでSRAMの内容を保持できる。

 今回発表の製品ファミリーには、業界で広く使われている、信頼性に優れたCMOSおよびフラッシュプロセスを使用している。特殊なプロセスを用いた代替ソリューションのように高いコストを必要としないため、EERAMを低コストで提供可能になった。

 64Kバイトの48L640のほか、256Kバイトの「48L256」、512Kバイトの「48L512」、1Mバイトの「48LM01」の4種を用意する。いずれもインタフェースとしてSPIを備えており、8ピンSOIC、SOIJ、DFNパッケージで提供される。

 4種の主な仕様は、動作電圧が2.7〜3.6V、最大動作電流5mA、最大スタンバイ電流500μA、最大休止電流は3μAだ。ページサイズは1バイトで、SPIは最大66MHz。温度範囲−40〜+85℃で動作する。20℃でのデータ保持期間は100年、最低10万回のバックアップが可能だ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

EDN 海外ネットワーク

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.