メディア
ニュース
» 2019年12月27日 09時00分 公開

TDK MAF1608GAD-L:音質劣化抑制ノイズサプレッションフィルター

TDKは、ノイズサプレッションフィルター「MAF1608GAD-L」タイプを発表した。ノイズ除去特性を維持しつつ、音声ひずみを抑制する低歪フェライト材料を採用。また、内部構造を最適化することで、音質劣化を防止する。

[EDN Japan]

 TDKは2019年12月、ノイズサプレッションフィルター「MAF1608GAD-L」タイプを発表した。同月から量産を開始し、当初の生産予定は月500万個。サンプル価格は30円となる。

ノイズサプレッションフィルター「MAF1608GAD-L」タイプ

低歪フェライト材料と内部構造の最適化で音質劣化を防止

 ノイズ除去特性を維持しつつ、音声ひずみを抑制する低歪フェライト材料を採用。併せて、内部構造を最適化することで、音質劣化を防止する。無線通信で使われる1GHz以上の周波数やD級アンプノイズの周波数で高減衰特性を有し、無線機器の受信感度劣化対策に効果を発揮する。

 「MAF1608GAD121L-」は定格電流が3.2A。900MHz帯でのインピーダンスは120Ω(標準値)で、直流抵抗は標準値が0.021Ω、最大値が0.027Ω。「MAF1608GAD201L」は定格電流2.3A。900MHz帯でのインピーダンスは200Ω(標準値)で、直流抵抗は標準値が0.045Ω、最大値が0.059Ωだ。従来品に比べて低抵抗で、かつ定格電流が2A以上のため、スマートスピーカーなどの据え置きスピーカーラインにも使用できる。

 サイズは1.6×0.8mmで、動作温度範囲は−55〜+125℃。スマートスピーカーやタブレット端末のオーディオラインなどでの利用を見込む。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

EDN 海外ネットワーク

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.