メディア
ニュース
» 2020年01月20日 09時00分 公開

アンリツ MT8862A IEEE 802.11ax対応オプション:IEEE 802.11axに対応したRF評価用測定器

アンリツは、ワイヤレスコネクティビティテストセット「MT8862A」について、新無線LAN規格IEEE 802.11axに対応したオプションを発表した。ネットワークモードで使用されている、主な無線LAN規格の全データレートで信号品質評価ができる。

[EDN Japan]

 アンリツは2019年12月、ワイヤレスコネクティビティテストセット「MT8862A」の機能を拡充し、無線LANの新規格IEEE 802.11axに対応したオプションを発売した。

ワイヤレスコネクティビティテストセット「MT8862A」

 MT8862Aは、無線LAN機能を搭載し、IEEE 802.11a、11b、11g、11n、11acに対応した通信機器のRF評価用測定器だ。スマートフォンやIoT(モノのインターネット)製品、スマート家電など、無線LAN搭載機器のRF送受信特性試験での利用が見込まれる。

 今回発表したオプションにより、ダイレクトモード(テストモード)と、ネットワークモード(シグナリングモード)の両方で、IEEE 802.11ax搭載機器のRF評価ができる。ダイレクトモードは、特殊コマンドで搭載機器を制御したり、制御線を接続したりといった作業が必要だが、ネットワークモードは、無線接続により、通信プロトコルを用いて実動作の状態で簡単に評価できる。

無線LAN主要規格の全データレートで信号品質評価が可能

 IEEE 802.11axで使用する伝送方式には、11axのベースとなり、1チャンネルの送信時に1ユーザー向けの無線信号を伝送するSingle User方式と、複数ユーザー向けの無線信号をまとめて伝送するMulti User方式の2つがある。

 アンリツは、MT8862Aが11ax Single Userのデータレートを含めて、現在ネットワークモードで使用されている主な無線LAN規格の、全てのデータレートで信号品質評価できる初の測定器となった、としている。

 MT8862Aのセットアップに特別な環境構築は必要なく、イーサネットケーブルで制御用PCと接続することで、Webブラウザから測定画面にアクセスできる。また、MT8862Aと制御用PCを同一ネットワーク内に接続すれば、リモートによる制御も可能だ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

EDN 海外ネットワーク

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.