メディア
ニュース
» 2020年02月13日 09時00分 公開

TDK GENESYS+シリーズ:直流安定化電源、業界最小サイズの1.5kWモデルなど追加

TDKは、直流安定化電源「GENESYS+」シリーズに、1.5kW、2.7kW、3.4kWモデルを新たに追加した。TDKラムダが2020年1月より受注を開始する。

[EDN Japan]

 TDKは2020年1月、直流安定化電源「GENESYS+」シリーズに、ハーフラックサイズの1.5kWモデル、フルラックサイズの2.7kW、3.4kWモデルを新たに追加したと発表した。TDKラムダが2020年1月より受注を開始する。

 同シリーズは、現行の「Genesys」シリーズに比べて高電力密度、高性能を実現した上位機種。出力電圧、電流が低リップル化し、高速応答化、高精度化したほか、定電力制御やスルーレートコントロールなどの機能を新たに追加している。また、LAN、USBなどの通信インタフェースや、耐ノイズ性に優れた絶縁型アナログコントロールを標準装備している。

直流安定化電源「GENESYS+」シリーズ

ハーフラックサイズの1.5kWモデル

 1.5kWモデルは、現行モデルと比較して幅が半分のハーフラックサイズ214×43.6×432mmで、「同等の電力帯のモデルでは業界最小」(同社)を実現している。最大効率90%で環境負荷を低減できる。2.7kW、3.4kWモデルは、フルラックサイズ423×43.6×441.5mmとなっている。

 同シリーズには今後、EtherCATやModbusなどのオプションモデルが追加される予定だ。自動車関連や半導体といった生産、検査設備における各種フィールドバス、ネットワークの通信形態に対応する。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

EDN 海外ネットワーク

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.