メディア
ニュース
» 2020年02月20日 09時00分 公開

東芝 TLP2363:産業用PLC向け小型高速通信用フォトカプラ

東芝デバイス&ストレージは、産業用PLC向け小型高速通信用フォトカプラ「TLP2363」の出荷を開始した。同フォトカプラに適切な電流制限用抵抗を追加することで、IEC 61131-2タイプ1に準拠した24Vデジタル入力に対応できる。

[EDN Japan]

 東芝デバイス&ストレージは2020年1月、産業用PLC(プログラマブルロジックコントローラー)向け小型高速通信用フォトカプラ「TLP2363」の出荷を開始した。5ピンのSO6パッケージで提供される。

産業用PLC向け小型高速通信用フォトカプラ「TLP2363」

 TLP2363は、赤外LEDと集積回路受光チップを組み合わせたフォトカプラ。動作温度範囲は−40〜+105℃で、スレッショルド入力電流を最小値0.3mA、最大値2.4mAと規格化した。電源電圧2.7〜5.5Vで動作を保証する。供給電流は最大4mAで、データ伝送レートは代表値で10Mビット/秒だ。

チャタリングノイズを抑えた回路構成で部品点数を削減

 入力信号の立ち上がり時間や立ち下がり時間が遅い60秒以内のスロー入力にも対応する。確実にハイ、ローを出力するよう、チャタリングノイズを抑えた回路構成を採用。チャタリング防止用の波形整形回路が不要で、部品点数を削減できる。受光側にはシールドを組み込み、コモンモード過渡耐性は±20kV/マイクロ秒以上となっている。

 高さが最大2.3mmと低背型なので、プリント基板への薄型実装や部品配置の自由度向上に貢献する。

 また、TLP2363に適切な電流制限用抵抗を追加することで、IEC 61131-2タイプ1に準拠した24Vデジタル入力に対応できる。PLCのほか、計測機器、制御機器での利用を見込んでいる。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

EDN 海外ネットワーク

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.