メディア
5G 人からモノへ 〜「未踏の時代」迎えた無線技術 特集
ニュース
» 2020年03月02日 09時40分 公開

日本電波工業 NP3225SAB、NP3225SBB:低位相ジッタの差動出力水晶発振器

日本電波工業は、低位相ジッタ差動出力水晶発振器として、LVPECL方式の「NP3225SAB」とLVDS方式の「NP3225SBB」を開発した。2020年2月からサンプル出荷を開始し、2020年9月の量産を予定している。

[EDN Japan]

 日本電波工業は2020年2月、低位相ジッタ差動出力水晶発振器として、LVPECL方式の「NP3225SAB」とLVDS方式の「NP3225SBB」を開発した、と発表した。2020年2月からサンプル出荷を開始し、同年9月の量産を予定している。

左=LVPECL方式の「NP3225SAB」/右=LVDS方式の「NP3225SBB」

最小42フェムト秒の低ジッタ

 NP3225SABとNP3225SBBは、フォトリソグラフィ技術を用いて開発した公称周波数範囲100M〜200MHzの基本波水晶振動子と、低ノイズ設計の差動発振用ICを採用した低雑音の差動出力水晶発振器だ。

 NP3225SABはLVPECL出力に対応し、12k〜20MHzでの位相ジッタは代表値で42フェムト秒(発信周波数156.25MHz)。NP3225SBB、LVDS出力に対応し、12k〜20MHzでの位相ジッタは代表値で47フェムト秒(発信周波数156.25MHz)で、従来のLVDS差動出力水晶発振器より10フェムト秒低い。

 大きさは3.2×2.5×1.0mm、電源電圧は2.5および3.3V、総合周波数許容偏差は最大±50×10−6。動作温度範囲は−40〜+85℃で、オプションで+105℃まで対応する。

 5G(第5世代移動通信)、LTEなどのモバイル高速通信や、SONET、SDHなどの光通信、10Gビットイーサネット、SATA、PCI-Expressといったシリアル通信での用途を見込んでいる。今後は、HCSL出力にも対応し、製品のラインアップを拡充する予定だ。

公称周波数156.25MHz、LVPECL出力、電源電圧+3.3V、温度+25℃で計測した位相雑音特性のデータ例
公称周波数156.25MHz、LVDS出力、電源電圧+3.3V、温度+25℃で計測した位相雑音特性のデータ例

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

EDN 海外ネットワーク

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.