メディア
ニュース
» 2020年03月03日 09時00分 公開

Nexperia PESD2ETH100-T、PESD2ETH1G-T:車載用Ethernetに準拠したESD保護デバイス

Nexperiaは、シリコンベースのESD保護デバイス「PESD2ETH100-T」「PESD2ETH1G-T」を発表した。OPEN Allianceの規格に準拠した車載用Ethernet「100BASE-T1」「1000BASE-T1」に対応する。

[EDN Japan]

 Nexperiaは2020年2月、シリコンベースのESD保護(静電気対策)デバイス「PESD2ETH100-T」「PESD2ETH1G-T」を発表した。OPEN Allianceの規格に準拠した車載用Ethernet「100BASE-T1」「1000BASE-T1」に対応する。

ESD保護デバイスの利用イメージ

最大30kVのESD保護性能

 PESD2ETH100-Tは、100BASE-T1の仕様に完全に準拠する。静電容量は3pF未満。最大30kVのESD保護性能を備え、30kVで1000回の接触放電に耐える。

 PESD2ETH1G-Tは、100BASE-T1と1000BASE-T1の両方に完全準拠する。静電容量は2pF未満。最大30kVのESD保護性能を備え、15kVで1000回の接触放電に耐える。どちらも、トリガー電圧は100V。2.9×1.3×1.0mmのSOT23パッケージを採用している。

 ESD保護デバイスをコネクターのすぐ近くに配置することで、物理層(PHY)だけでなく、コモンモードチョーク(CMC)とパッシブも保護し、システムレベルの堅牢性を高めることができる。

 AEC-Q101にも準拠しており、車内のネットワーク回線のESD保護や、車載用LVDSでの利用を見込む。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

EDN 海外ネットワーク

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.