メディア
ニュース
» 2020年03月16日 09時00分 公開

エプソン S2D13V52:車載ディスプレイシステム向けスケーラIC

セイコーエプソンは、車載機器向けスケーラIC「S2D13V52」のサンプル受注を開始した。画像データをアップスケールまたはダウンスケールして出力し、効率的な車載ディスプレイシステム開発に貢献する。

[EDN Japan]

 セイコーエプソンは2020年2月、車載機器向けスケーラIC「S2D13V52」のサンプル受注を開始した。最高105℃の動作温度およびAEC-Q100規格に対応し、効率的な車載ディスプレイシステム開発に貢献する。月産10万個を予定しており、サンプル価格は1000円(税別)だ。

車載機器向けスケーラIC「S2D13V52」

 S2D13V52は、ホストからストリーミングされる画像データをアップスケールまたはダウンスケールしてディスプレイへ出力するためのスケーラICで、動作温度範囲は−40〜+105℃となっているほか、AEC-Q100規格にも対応し、車載向けの厳しい品質要求を満たしている。

 外付けメモリが不要で、実績のあるSoC(System on Chip)が流用でき、自動車の電動化や自動化に対応した高解像度ディスプレイシステムの迅速な開発に貢献する。

 入力解像度は1920×1080ピクセルまで、出力解像度は2880×1080ピクセルまたは2400×1400ピクセルまで対応。ガンマ補正機能、Input Crop機能やArea Blanking機能、エラー検知機能を搭載し、画像のアスペクト比を維持したまま多様な解像度のパネルに表示できる。アップスケーラには、劣化の少ないアルゴリズムを採用している。

 大きさは14×14×1.7mmで、H4QFP15-100-pinパッケージで提供する。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

EDN 海外ネットワーク

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.