メディア
ニュース
» 2020年03月25日 09時00分 公開

ルネサス F65xxファミリー、F692xファミリー:ミリ波用ビームフォーミングICと低ノイズアンプ

ルネサス エレクトロニクスは、衛星通信、レーダーシステム、フェーズドアレイ用途に向け、送信用アクティブビームフォーミングIC「F65xx」ファミリーと低ノイズアンプ「F692x」ファミリーを発表した。

[EDN Japan]

 ルネサス エレクトロニクスは2020年3月、衛星通信(Satcom)、レーダーシステム、フェーズドアレイ用途に向け、送信用アクティブビームフォーミングIC「F65xx」ファミリーと低ノイズアンプ(LNA)「F692x」ファミリーを発表した。評価用キットと量産前サンプルは、同年4月から一部ユーザーへ供給を開始する。

通信衛星用ターミナル向けICファミリー

Ku帯、Ka帯、CDLに対応する小型ICファミリー

 F65xxは8チャンネルTxアクティブビームフォーミングICで、Ku帯(12G〜18GHz)向け「F6521」、Ka帯(26.5G〜40GHz)向け「F6522」、CDL(Common Data Link)向け「F6513」の3種類を用意する。2.3V単一電源を採用し、電源設計を簡素化している。消費電力は100mW/ch未満で、RF出力は10dBm/chを超える。ビーム更新時間は100ナノ秒未満。物理的サイズは2.2mm2/ch未満。

 平面フェーズドアレイアンテナが求める省スペース性や、地上の衛星通信ターミナルが求めるEIRP(実効輻射電力)要件と放熱要件を同時に満たしつつ、高精度なビームパターンと偏光制御、迅速なビームステアリングを可能にする。

 F692xはデュアルチャンネルLNAで、Ku帯向け「F6921」、Ka帯向け「F6922」、CDL向け「F6923」の3種類。消費電力は15〜20mW、ゲインは19dBだ。ゲインと位相が整合した2つのアイソレートRFチャンネルを50ΩシングルエンドRF入出力に収めており、アンテナシステム全体の消費電力とコスト削減に貢献する。

 どちらもBGAパッケージを採用。従来のデバイスと同サイズにしたことで、大型の機械走査アンテナから軽量薄型のアクティブ電子走査アレイアンテナ(AESA)へのスムーズな移行を支援する。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

EDN 海外ネットワーク

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.