メディア
ニュース
» 2020年03月26日 09時00分 公開

SMK CapDuo Touch-S:ガラスセンサー式の車載用大型曲面タッチパネル

SMKは、車載ディスプレイ向けの大型曲面カバーガラス付き静電容量方式タッチパネル「CapDuo Touch-S」を発表した。ガラスセンサーを採用し、車載スペックに対応できる信頼性とドライバーの視認性を確保している。

[EDN Japan]

 SMKは2020年3月、車載ディスプレイ向けの大型曲面カバーガラス付き静電容量方式タッチパネル「CapDuo Touch-S」を発表した。フィルムセンサーの代わりにガラスセンサーを採用することで、車載スペックに対応できる信頼性とドライバーの視認性を確保している。月産5万個の体制で、同月から受注を開始する。

大型曲面カバーガラス付き静電容量方式タッチパネル「CapDuo Touch-S」

厚さ0.4mmのガラスセンサーを使用

 1枚の大型曲面カバーガラスに、厚さ0.4mm、サイズ12.3インチ(約31cm)の薄型ガラスセンサーを左右に1枚ずつ貼り合わせたTwo-in-one構造を採用。ガラスセンサーには、1枚のガラス両面にX、Yセンサーをそれぞれ形成したブリッジレス構造の「CapDuo Touch」を採用している。偏光サングラスをかけたままでも、虹見えやブラックアウトを起こさず、視認性が良い。

 使用温度範囲は−30〜+85℃、保存温度範囲は−40〜+95℃で、車載スペックに対応する。透過率は90%以上、曲率は左がR600、右がR1000となる。

 センターインフォメーションディスプレイ(CID)とメータークラスタを一体化した曲面ディスプレイとしたことで、車内デザインともなじみやすい。同社は今後も、車載ディスプレイ市場のニーズに応じた製品開発を進めるとしている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

EDN 海外ネットワーク

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.