メディア
ニュース
» 2020年03月31日 09時00分 公開

トレックス XCL230、XCL231:コイル一体型降圧DC-DCコンバーター

トレックス・セミコンダクターは、制御ICとコイルを一体化した36V動作600mA降圧DC-DCコンバーター「XCL230」「XCL231」シリーズを発表した。内部に銅ポストを貫通させた「クールポストタイプ」パッケージ採用により、低抵抗で放熱性に優れる。

[EDN Japan]

 トレックス・セミコンダクターは2020年3月、制御ICとコイルを一体化した、36V動作600mA降圧DC-DCコンバーター「XCL230」「XCL231」シリーズを発表した。両シリーズともに参考価格は300円(税別)で、既に量産を開始している。

「XCL230」「XCL231」シリーズの「DFN3030-10B」パッケージ

 XCL230およびXCL231は、制御ICとコイルの一体化により基板レイアウトを簡素化できるため、部品配置や配線の引き回しから発生する誤動作やノイズを抑制する。入力電圧範囲は3.0〜36V、スイッチング周波数は1.2MHzとなっている。

パッケージ内部に銅ポストを貫通

 いずれも3.0×3.0×1.7mmの小型DFNパッケージ(DFN3030-10B)で、内部に銅ポストを貫通させた「クールポストタイプ」になっている。これにより、上部のコイルは電気や熱をPCBと低抵抗でつなぐことができるため、スタック構造でありながら抵抗は低く、放熱性に優れる。また、両シリーズともに過電流保護機能やサーマルシャットダウン機能などを搭載しており、短絡時も安全に使用できる。

 XCL230は、PWM制御で動作周波数を固定し、出力リップル電圧を抑制する。XCL231は、PWMとPFMの自動切り替え制御により、軽負荷時の動作周波数を下げて損失を低減する。0.75Vの基準電圧源を搭載し、出力電圧を外付け抵抗により1.0〜5.0Vの範囲で設定可能だ。

 内部ソフトスタート時間は2.0ミリ秒で、EN、SS端子に接続する抵抗と容量によって、内部ソフトスタートよりも長い時間を任意に設定することもできる。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

EDN 海外ネットワーク

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.