メディア
ニュース
» 2020年04月13日 09時00分 公開

KEMET MPXVシリーズ:低電気ノイズの車載向けパワーインダクター

KEMETは、低電気ノイズの車載向けメタルコンポジットパワーインダクター「MPXV」シリーズを発売した。−55〜+155℃の環境下で動作し、車載用電子部品の規格「AEC-Q200」に準拠。自動車分野での用途に適している。

[EDN Japan]

 KEMETは2020年3月、低電気ノイズの車載向けメタルコンポジットパワーインダクター「MPXV」シリーズを発売した。車載用電子部品の規格「AEC-Q200」に準拠し、自動車分野での用途に適している。

メタルコンポジットパワーインダクター「MPXV」シリーズ

 MPXVシリーズは−55〜+155℃の環境下で動作可能であり、ボンネットやパワートレインなどの厳しい動作環境でも使用できる。インダクターコイルコアの周囲にメタルコンポジット材料が成形されており、干渉を引き起こす可能性のある磁束から、隣接する機器を保護する。

 MPXVシリーズのメタルコンポジットコアは高い透磁率を有しており、自動車分野で求められる高効率、低自己発熱、低電力損失などの要件を満たしている。EMI(電磁干渉)を最小限に抑えつつ、効率的な電力変換を可能にしている。

 定格電流は2〜90A。インダクタンス範囲は0.10〜100μH、インダクタンス公差は±20%となる。他の重要なシステムへの影響を避けるため、熱への考慮が重要な設計での使用に対応する。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

EDN 海外ネットワーク

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.