メディア
ニュース
» 2020年04月17日 09時00分 公開

日本ケミコン RWJシリーズ:高リップル耐性ネジ端子形アルミ電解コンデンサー

日本ケミコンは、高リップル耐性のネジ端子形アルミ電解コンデンサーとして「RWJ」シリーズを開発した。子会社のケミコン東日本にて、2020年6月より量産を開始する予定だ。

[EDN Japan]

 日本ケミコンは2020年3月、高リップル耐性のネジ端子形アルミ電解コンデンサーとして「RWJ」シリーズを開発したと発表した。子会社のケミコン東日本にて、2020年6月より量産を開始する予定だ。

ネジ端子形アルミ電解コンデンサー「RWJ」シリーズ

 RWJシリーズは、従来品「RWR」シリーズを基にリップル耐性に特化した製品として開発。同社が開発した新規低損失電極箔を用いることで製品の抵抗を低減し、高いリップル耐性を得た。リップル耐性はRWRシリーズと比較して約1.16倍で、単位静電容量当たりのリップル耐性では約1.4倍となっている。

85℃で2000時間保証

 カテゴリー温度範囲は−40〜+85℃で、85℃の環境下で2000時間保証となっている。定格電圧範囲は350〜450Vで、静電容量範囲は2700〜1万2000μF、定格リップル耐性は15.0〜44.3Armsだ。

 直径63.5×長さ105mmから直径89×長さ190mmの製品サイズをラインアップにそろえる。同等リップル時の体積は、RWRシリーズと比較して13.3%減となった。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

EDN 海外ネットワーク

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.