メディア
ニュース
» 2020年04月21日 09時00分 公開

東芝 U-MOS X-Hシリーズ:最新プロセス採用した80V耐圧NチャネルパワーMOSFET

東芝デバイス&ストレージは、最新世代プロセスを採用した80V耐圧NチャネルパワーMOSFET「U-MOS X-H」シリーズを発売した。「TPH2R408QM」「TPN19008QM」の2種を用意する。同社の従来品と比較して、ドレインソース間オン抵抗を約40%低減した。

[EDN Japan]

 東芝デバイス&ストレージは2020年3月、最新世代プロセスを採用した80V耐圧NチャネルパワーMOSFET「U-MOS X-H(ユー・モス・テン・エイチ)」シリーズを発売した。表面実装タイプパッケージのSOP Advanceを採用した「TPH2R408QM」、TSON Advanceを採用した「TPN19008QM」を用意し、順次出荷を開始している。

NチャネルパワーMOSFET「TPH2R408QM」「TPN19008QM」

ドレインソース間オン抵抗を約40%低減

 U-MOS X-Hシリーズでは、同社の従来世代プロセス「U-MOS VIII-Hシリーズ」80V耐圧製品と比べて、ドレインソース間オン抵抗を約40%低減。さらに、素子構造を最適化し、ドレインソース間オン抵抗とゲート電荷量特性のトレードオフも改善している。

 TPH2R408QMの最大ドレイン電流は120A、オン抵抗はゲートソース間電圧が+10Vのときに2.43mΩ、+6Vのときに3.5mΩ。TPN19008QMの最大ドレイン電柱が34A、オン抵抗はゲートソース間電圧が+10Vのときに19mΩ、+6Vのときに28mΩとなっている。

 パッケージサイズは、TPH2R408QMが5.0×6.0mm、TPN19008QMが3.3×3.3mm。いずれも最大チャネル温度は+175℃。高効率AC-DCコンバーターや高効率DC-DCコンバーターなどのスイッチング電源、モータードライブなどのモーター制御機器での用途を見込む。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

EDN 海外ネットワーク

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.