メディア
ニュース
» 2020年04月28日 09時00分 公開

日本ケミコン HXDシリーズ、HSDシリーズ:導電性高分子ハイブリッドアルミ電解コンデンサーに80V品追加

日本ケミコンは、導電性高分子ハイブリッドアルミ電解コンデンサーの「HXD」「HSD」シリーズに、定格電圧80Vの新製品を追加した。電極箔や導電性高分子材料の最適化により、静電容量が大容量化している。

[EDN Japan]

 日本ケミコンは2020年3月、導電性高分子ハイブリッドアルミ電解コンデンサーの「HXD」「HSD」シリーズに、定格電圧80Vの新製品を追加した。サンプル出荷は同年6月、量産開始は同年10月を予定している。

左:「HXD」シリーズ、右:「HSD」シリーズ

 導電性高分子ハイブリッドアルミ電解コンデンサーには、ESR(等価直列抵抗)特性が低く優れた耐熱性を誇る導電性高分子と、酸化被膜修復性を持つ電解液が使われており、許容リップル電流がアルミ電解コンデンサーの数倍に増加すると見込まれる。

 HXDシリーズはチップ形、HSDシリーズはリード形。両シリーズに今回追加された80V品は、電極箔や導電性高分子材料の最適化により、静電容量がそれぞれ56μF、68μFと同社「HXA」シリーズの140%相当に大容量化した。

 大容量化に加え、高信頼性、高耐圧性能を兼ね備える80V品は、次世代データセンターの48V電源サーバなどに適している。

105℃で5000時間の耐久性

 製品サイズは、HXDシリーズが10×10mm、HSDシリーズが10×12.5mm。両シリーズともにカテゴリー温度範囲は−55〜+105℃、定格容量範囲が80WV、耐久性は+105℃で5000時間(リップル重畳)となっている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

EDN 海外ネットワーク

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.