メディア
ニュース
» 2020年05月14日 09時00分 公開

テクトロニクス 2601B-PULSE型:手動調整不要のパルサー/システムソースメータ

テクトロニクスは、高速電流パルサーとソースメジャーユニットを1台に統合した「2601B-PULSE型パルサー/システムソースメータ」を発表した。手動調整なしでパルス出力ができるため、光学デバイスの測定を支援する。

[EDN Japan]

 テクトロニクスは2020年4月、高速電流パルサーとソースメジャーユニット(SMU)を1台に統合した「2601B-PULSE型パルサー/システムソースメータ」を発表した。手動調整なしで正確なパルス出力が可能なため、光学デバイスの測定を支援する。価格は159万円だ(税別)。

電流パルサーとSMUを1台に統合した「2601B-PULSE型パルサー/システムソースメータ」

最小10μ秒の電流パルス出力

 2601B-PULSE型パルサー/システムソースメータは、10V、10Aで最小10マイクロ秒の電流パルス出力が設定できる。独自の「PulseMeterテクノロジー」によって、最大3μHまでの負荷変動を手動で調整する必要がなくなった。その結果、最大電流の10Aで10〜500マイクロ秒のパルスを出力する場合もオーバーシュートやリンギングが発生しないなど、立ち上がり時間の速さと正確なパルス出力を可能にした。

 パルス機能は、機器制御ソフトウェア「Kickstart」(ver.2.3)がサポート。電流電圧の印加測定機能は、ケースレーインスツルメンツの標準型システムソースメータ「2601B型」と同様のものが搭載されている。1Mサンプル/秒、18ビットのデュアルデジタイザを内蔵し、パルス電流と電圧波形の両方を1台で同時に取得できる。

 車載LiDARにとって重要な部品である垂直共振器面発光レーザー(VCSEL)やLEDのテスト、半導体デバイスの特性評価、サージ保護テストなどに適する。

 また、テストスクリプトプロセッサ(TSP)とケースレーの「TSP-Link」を連動すれば、メインフレームなしで高速パルサーまたはソースメータを使ったピンごとのパラレルテストが可能で、自動化システムやマルチチャンネルアプリケーションにも有効だ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

EDN 海外ネットワーク

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.