メディア
ニュース
» 2020年05月15日 09時00分 公開

ウィンボンド 1GビットLPDDR3:AIoTや8Kテレビに適した1GビットのLPDDR3

ウィンボンド・エレクトロニクスは、1GビットのLPDDR3を発表した。8.52Gバイト/秒、0.3Wといった高バンド幅要件を満たす、低容量メモリの代替ソリューションとして、8KテレビやAI、IoT用途での需要を見込む。

[EDN Japan]

 ウィンボンド・エレクトロニクスは2020年4月、1GビットのLPDDR3を発表した。8.52Gバイト/秒、0.3Wといった高バンド幅要件を満たす、低容量メモリの代替ソリューションとして、8KテレビやAI(人工知能)、IoT(モノのインターネット)用途での需要を見込む。

1GビットのLPDDR3

LPDDR2からの移行時間を短縮

 同社のLPDDR3は、LPDDR2の回路設計と90%の類似性を有する。このため、LPDDR4に移行する場合と比較して設計を容易化でき、製品開発時間を短縮できるという。

 一般的な8Kテレビ用のタイミング制御(T-Con.)のSoC(System on Chip)チップセットには、16ビット幅の1GビットDDR3が2個または4個用いられているが、これらを32ビット幅の1GビットLPDDR3に代替することで個数を削減、コスト低減や省電力化につなげられる。

 また、AI画像品質の特性を考慮した場合、LPDDR4の置き換えとして同社のLPDDR3メモリ2個を用いることができる。

 同製品は、既に過去9カ月間で、台湾や日本、韓国、中国などのICデザインメーカーの新規SoCチップセットデザインに15件以上採用されているという。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

EDN 海外ネットワーク

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.