メディア
ニュース
» 2020年06月09日 09時00分 公開

ザイリンクス XQRKU060:20nmプロセスの航空宇宙分野向けFPGA

ザイリンクスは、20nmプロセスを用いた航空宇宙分野向けのFPGA「Kintex UltraScale XQRKU060(以下、XQRKU060)」を発表した。衛星および宇宙アプリケーション向けに設計されており、放射能耐性に優れ、高スループットで広帯域幅の通信を可能とする。

[EDN Japan]

 ザイリンクスは2020年5月、20nmプロセスを用いた航空宇宙分野向けのFPGA「Kintex UltraScale XQRKU060(以下、XQRKU060)」を発表した。衛星および宇宙アプリケーション向けに設計されており、放射能耐性に優れ、高スループットで広帯域幅の通信が可能だ。

航空宇宙分野向けFPGA「XQRKU060」

 XQRKU060は、高性能の機械学習機能を宇宙アプリケーションに実装でき、TensorFlowやPyTorchなどのフレームワークをサポートするさまざまな開発ツールを用いることで、ニューラルネットワーク推論を高速化する。演算機能が深層学習用に最適化され、INT8でのピーク性能は5.7TOPSとなった。同社の前世代品と比較して約25倍の性能となっている。

衛星軌道上でリコンフィギュレーションが可能

 適応型演算アーキテクチャを採用し、衛星軌道上での稼働中や打ち上げ直前でも柔軟に対応できるリコンフィギュレーション性能を持つ。さらに、衛星でのリアルタイムアップデートやビデオオンデマンドを提供。演算をオンザフライで実行して、複雑なアルゴリズムを処理できる。

 パッケージサイズは40×40mmで、打ち上げ時の振動や操作、軌道上の放射線に耐えられるようセラミックパッケージを採用した。既に、サンプルやプロトタイプの提供を開始しており、製品版は同年9月上旬に提供予定だ。 

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

EDN 海外ネットワーク

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.