メディア
ニュース
» 2020年06月22日 09時00分 公開

ルネサス IMX3102、IMX3112、IXP3114、IXP3104:I3C Basic対応の2:1バスマルチプレクサーなど発売

ルネサス エレクトロニクスは、データセンターやサーバでの制御バスの設計向けに、インタフェース規格「I3C Basic」に対応した新たなバス拡張製品4種を発売した。それぞれ最高12.5MHzの通信速度に対応している。

[EDN Japan]

 ルネサス エレクトロニクスは2020年6月、データセンターやサーバでの制御バスの設計向けに、インタフェース規格「I3C Basic」に対応した新たなバス拡張製品を発売した。

I3Cバス拡張製品「IMX31xx」イメージ

 新製品は4種あり、2つの信号を1つに統合して出力する2:1バスマルチプレクサー「IMX3102」、1つの入力を2つに拡張する1:2バスエキスパンダー「IMX3112」、1つの入力を4つの汎用I/Oとして出力する1:4汎用I/Oエキスパンダー「IXP3114」「IXP3104」をラインアップしている。

最高12.5MHzの通信速度に対応

 複数のマスター機器や、多数のエンドポイント機器、長距離のトレースが存在するアプリケーションでは、バスの複雑性や伝送信号品質に影響を与える可能性がある。新製品は、それらの機器やアプリケーションに、システム管理バスとしてI3C Basicを実装する際、より柔軟な設計を可能とする。

 4種ともに、最高12.5MHzの通信速度に対応。また、IXP3104を除く3種は温度センサー機能を内蔵し、バス設計の温度を容易に管理できるため、マザーボードの温度上昇によるシステム障害を防止して、システム全体のコスト削減に貢献する。

 パッケージは2×3mmの9ピンPSON-8で、現在は、評価ボードを含めたサンプル品を、条件を満たすユーザーに供給している。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

EDN 海外ネットワーク

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.