メディア
ニュース
» 2020年06月26日 09時00分 公開

エプソン S2D13V40:ヘッドアップディスプレイ専用コントローラーIC

セイコーエプソンは、車載向けヘッドアップディスプレイ専用コントローラーIC「S2D13V40」の量産を開始した。フロントガラス曲面に合わせてひずみ補正した画像を投影できるため、信頼性の高いディスプレイシステム開発を支援する。

[EDN Japan]

 セイコーエプソンは2020年6月、車載向けヘッドアップディスプレイ専用コントローラーIC「S2D13V40」の量産を開始した。フロントガラス曲面による画像のひずみを補正し、信頼性の高いディスプレイシステム開発を支援する。月産10万個の予定で、サンプル価格は1000円(税別)となる。

ヘッドアップディスプレイ専用コントローラーIC「S2D13V40」

フロントガラスの曲面に沿って画像を柔軟に補正

 S2D13V40は、SoC(System on Chip)からストリーミングされる画像データを、自動車のフロントガラス曲面に合わせてひずみ補正し、投映するための専用IC。ひずみ補正に加えて、回転、拡大、縮小など柔軟に画像を補正できる。対応解像度は24ビット800×600ピクセルまでとなっている。

 外付けメモリが不要なため、実績のあるSoCが流用できる。表示安全機能も備え、信頼性の高いヘッドアップディスプレイシステムの迅速な開発をサポートする。

 動作温度範囲は−40〜+105℃で、AEC-Q100規格にも準拠し、車載向けの要件を満たす。14×14×1.7mmのP-LQFP100-1414-0.50パッケージで提供される。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

EDN 海外ネットワーク

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.