メディア
ニュース
» 2020年07月06日 09時30分 公開

モレックス Sliver Edge-Cardコネクター:複数のPFで使用できるカードエッジ用コネクター

日本モレックスは、複数のプラットフォームで使用できるカードエッジ用「Sliver Edge-Cardコネクター」を発表した。各種の業界コンソーシアムに認知された性能を備え、メモリやストレージ、アクセサリーカード、直交ダイレクトなどの構成に適合する。

[EDN Japan]

 日本モレックスは2020年6月、複数のプラットフォームで使用できるカードエッジ用途の「Sliver Edge-Cardコネクター」を発表した。

カードエッジ用「Sliver Edge-Cardコネクター」

 0.60mmピッチの小型カードエッジ向けコネクターで、PCIe Gen4-5のデータレートに対応しており、最大56Gビット/秒のデータレート拡張が可能だ。メモリやストレージ、アクセサリーカード、直交ダイレクトなどの構成に適合し、その性能は、SFF-TA-1002、JEDEC、Open Compute Project(OCP 3.0)、Gen-Zなど各種業界コンソーシアムに認知されている。

通信、スマート機器用途に最適

 極数は56〜280極で、最大定格電流は1.1Aとなっている。通信ネットワーキングでのサーバやシャシー、スマートフォンやスマートデバイスでのAR(拡張現実)、VR(仮想現実)用途、IoT(モノのインターネット)デバイスなどに適している。

 今回リリースしたのはストレートとストラドルマウントタイプ。同社では今後、ライトアングル、直交ダイレクトタイプ、電線対基板用として拡張できるケーブルアセンブリの開発も検討している。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

EDN 海外ネットワーク

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.