メディア
ニュース
» 2020年07月20日 09時00分 公開

東芝 TLP2312、TLP2372:2.2Vで動作可能な高速通信用フォトカプラ

東芝デバイス&ストレージは、電源電圧2.2Vから動作する、高速通信用フォトカプラ「TLP2312」「TLP2372」を発売した。標準データ伝送レートは、TLP2312が5Mビット/秒、TLP2372が20Mビット/秒となる。

[EDN Japan]

 東芝デバイス&ストレージは2020年6月、電源電圧2.2Vから動作する、高速通信用フォトカプラ「TLP2312」「TLP2372」を発売した。標準データ伝送レートは、TLP2312が5Mビット/秒、TLP2372が20Mビット/秒となる。

高速通信用フォトカプラ「TLP2312」「TLP2372」

2.2Vの低電源電圧で動作

 電源電圧2.2Vで動作するため、2.5V LVCMOSレベルの低電圧回路で用いる際も別電源を必要とせず、部品点数を削減できる。マイクロコントローラーから直接駆動させることができ、消費電力の低減につながる。

 動作温度範囲はー40〜+125℃で、スレッショルド入力電流は最大1.6mA、供給電流は最大0.5mAと低く抑えた。伝搬遅延時間は、TLP2312が250ナノ秒、TLP2372が60ナノ秒となる。

 パッケージは5ピンSO6を採用しており、高さは最大2.3mm。PLC(プログラマブルロジックコントローラー)や汎用インバーターなど、高速デジタルインタフェースでの用途を見込む。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

EDN 海外ネットワーク

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.