メディア
ニュース
» 2020年07月29日 09時00分 公開

リテルヒューズ PLA172P OptoMOSリレー:定格105℃、800Vのソリッドステートリレー

リテルヒューズは、定格負荷電圧800VのNO型ソリッドステートリレー「PLA172P OptoMOSリレー」を発表した。動作周囲温度105℃での電気的パラメーターを保証する。

[EDN Japan]

 リテルヒューズは2020年7月、定格負荷電圧800VのNO(Normally Open)型ソリッドステートリレー(SSR)「PLA172P OptoMOSリレー」を発表した。動作周囲温度105℃での電気的パラメーターを保証する。サンプル供給を開始しており、1000個単位および50個ずつのチューブ単位で提供する。

定格105℃、800Vのソリッドステートリレー「PLA172P OptoMOSリレー」

 定格負荷電圧800Vに対応することで、AC電力線や高電圧バッテリーで通常使用する定格600VのSSRに比べて、設計マージンに余裕ができる。電気機械式リレー(EMR)との置き換えが可能だ。

 定格負荷電流は100mA、オン抵抗は最大50Ω、入出力絶縁電圧は5000Vrms。−40〜+105℃の温度範囲で動作する。105℃での電気特性を規定しており、オフ状態リーク電流は5μA、入力制御電流は5mAだ。

独自のピン配置でアーク放電を防止

 単極6ピンを採用し、高電圧出力ピン間のパッド間隔を6.8mm以上確保した独自のピン配置で、アーク放電を防止する。表面実装SSRフラットパックパッケージで提供する。

 産業、計測、医療の分野において、絶縁テスト機器やバッテリー絶縁モニター、産業用太陽光発電所向け絶縁モニターなどの利用を見込む。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

EDN 海外ネットワーク

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.