メディア
ニュース
» 2020年08月13日 13時00分 公開

アナログ・デバイセズ ADRV9002:商用、防衛向け高いダイナミックレンジRFトランシーバー

アナログ・デバイセズは、高ダイナミックレンジを有するRFトランシーバー「ADRV9002」を発表した。受信回路のダイナミックレンジは−150dBc/Hzで、動作周波数は30M〜6GHz、帯域幅12K〜40MHzに対応する。

[EDN Japan]

 アナログ・デバイセズは2020年7月、高ダイナミックレンジを有するRFトランシーバー「ADRV9002」を発表した。警察や消防、救急用無線、プライベートLTEネットワーク、衛星通信などの用途を見込む。

RFトランシーバー「ADRV9002」

12K〜40MHzの帯域幅に対応

 受信回路のダイナミックレンジは−150dBc/Hzで、動作周波数は30M〜6GHzとなる。12K〜40MHzの帯域幅に対応しており、音声信号やデータ信号、画像および動画信号の無線通信が可能だ。

 また、デジタル処理によるRF特性補正アルゴリズムを内蔵。AGC(Auto Gain Control、自動利得制御)やDPD(Digital Pre-Distortion)、周波数ホッピング、チャンネルフィルタリングなどの機能も搭載している。

 パッケージは12×12mmのCSP-BGA(196ボール)を採用。既に量産開始しており、1000個購入時の単価は257.4米ドル。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

EDN 海外ネットワーク

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.