メディア
ニュース
» 2020年08月17日 09時00分 公開

リコー電子デバイス R1801シリーズ:光発電素子の蓄電用降圧DC-DCコンバーター

リコー電子デバイスは、光発電素子向けの蓄電用降圧DC-DCコンバーター「R1801」シリーズのサンプル受注を開始した。低消費電力ながら高い効率を有しており、最大電力点制御機能や逆流防止回路を搭載している。

[EDN Japan]

 リコー電子デバイスは2020年7月、光発電素子向けの蓄電用降圧DC-DCコンバーター「R1801」シリーズのサンプル受注を開始した。無負荷時、常温での動作電流を200nAと低く抑えながら、10μA出力時に80%の高効率を可能にしている。

降圧DC-DCコンバーター「R1801」シリーズ

低照度環境下の蓄電にも対応

 最小起電力は1.00μW(+4V入力、+3V出力時)で、低照度環境下でも蓄電できる。逆流防止回路も搭載しており、電力供給がなくても出力コンデンサーに蓄電した電荷を無駄にせず、効率良く電力の取り出しができる。

 また、光発電素子の能力を最大限に生かせる最大電力点制御機能を搭載。発電素子からの電力供給を最適化する。出力電圧を監視してパワーグッド(PG)信号を出力する機能を備え、蓄電レベルを把握できる。

 3.0×2.7×0.6mmのDFNパッケージで提供され、1000個購入時の単価は600円(税別)。月産規模は200万個となっている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

EDN 海外ネットワーク

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.