メディア
ニュース
» 2020年08月20日 09時00分 公開

村田製作所 MH1701:UPSや瞬低補償装置向けのバッテリーモジュール

村田製作所は、リチウムイオン二次電池「FORTELION」を搭載した高出力バッテリーモジュール「MH1701」を発表した。長期間、安定して使用できるため、無停電電源装置や瞬時電圧低下補償装置など高出力の産業機器に適している。

[EDN Japan]

 村田製作所は2020年8月、同社のリチウムイオン二次電池「FORTELION(フォルテリオン)」を搭載した高出力バッテリーモジュール「MH1701」を発表した。同月から量産を開始する。

高出力バッテリーモジュール「MH1701」

 MH1701に搭載したFORTELIONは、正極材に、安定した結晶構造を持つオリビン型リン酸鉄リチウムを採用している。そのため、衝撃や圧力による発火が起こりにくく、高負荷時も安定した電池性能を発揮する。

 なお、FORTELIONは、日本の非常用電源装置の安全基準である「消防認定」を取得済みだ。アメリカの蓄電池の火災リスクに対する国際安全基準「UL9540A」に基づいた試験レポートも取得し、国際的にも安全性が認められている。同社は、FORTELIONの特長と高い入出力特性を生かすモジュールとして、MH1701を開発したとしている。

最大200Aでの連続放電が可能

 MH1701の充放電サイクルは1万5000回と長期間使用可能で、LCC(ライフサイクルコスト)を低減する。また、蓄電池モジュールの構造と回路設計の最適化により、SOC(State Of Charge)100%から0%まで200Aの連続放電(6C相当)が可能だ。連続充電は最大100A(3C相当)となっている。

 定格容量は1.75kWh、公称電圧は51.2V、動作環境温度範囲は−20〜+50℃。大きさは435×570×80mmと、サーバなどで使用する19インチラックに適合する。重量は26kgだ。

 電池寿命が長く、省スペースと軽量化を図れるリチウムイオン二次電池を採用したことで、これまでUPS(無停電電源装置)や瞬時電圧低下補償装置に用いられてきた鉛蓄電池を同モジュールに置き換えられる。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

EDN 海外ネットワーク

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.