メディア
ニュース
» 2020年09月07日 09時00分 公開

アンリツ AQA5500P、AQB5500P:コヒーレンス長100m以上の1550nm波長掃引光源

アンリツは、高コヒーレンスの1550nm帯波長掃引光源「AQA5500P」「AQB5500P」の販売を開始した。微小距離から長距離まで幅広い計測に対応するため、産業、医療分野やインフラ、プラントでの測長測距、形状計測に適している。

[EDN Japan]

 アンリツは2020年8月、高コヒーレンスの1550nm帯波長掃引光源「AQA5500P」「AQB5500P」の販売を開始した。単一の狭線幅の縦モードを位相連続で、かつモードホップを抑制して波長掃引するため、高コヒーレンスな波長掃引光が得られる。

1550nm波長掃引光源「AQA5500P」「AQB5500P」

 波長掃引光源は、発振波長を連続的に変化させることができるレーザー光源だ。同光源を、レーザーの可干渉性(コヒーレンス性)を利用する光計測手法の1つであるOFDR(Optical Frequency Domain Reflectometry)に応用することで、対象までの距離を高精度に非接触測定できる。

掃引周波数1.25kHzと150Hzをラインアップ

 また、独自の光学配置により、MEMSスキャニングミラーによるキロヘルツオーダーの高速波長掃引を可能にした。掃引周波数は、AQA5500Pが1.25kHz、AQB5500Pが150Hz。AQB5500Pの場合、コヒーレンス長が100m以上で、100m以上の距離範囲を測定できる。

 産業分野では加工物のバリや傷の検査、リアルタイム測距による振動計測、精密な厚み計測、医療分野では眼や血管のOCT(光干渉断層計)検査での利用を見込んでいる。インフラやプラントなど大型構造物の形状や変位の計測も可能で、微小距離から長距離まで幅広い計測に対応する。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

EDN 海外ネットワーク

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.