メディア
ニュース
» 2020年09月08日 09時00分 公開

東芝 TLP3407SRA、TLP3475SRHA、TLP3412SRHA:125℃対応の電圧駆動型小型フォトリレー

東芝デバイス&ストレージは、最大動作温度定格125℃の電圧駆動型フォトリレー「TLP3407SRA」「TLP3475SRHA」「TLP3412SRHA」の出荷を開始した。2.0×1.45×1.3mmと小型で、基板のスペース削減やフォトリレー搭載数の増加に貢献する。

[EDN Japan]

 東芝デバイス&ストレージは2020年8月、最大動作温度定格125℃の電圧駆動型フォトリレー「TLP3407SRA」「TLP3475SRHA」「TLP3412SRHA」の出荷を開始した。いずれも実装面積2.9mm2の小型S-VSON4Tパッケージで提供する。

電圧駆動型フォトリレー「TLP3407SRA」「TLP3475SRHA」「TLP3412SRHA」

 3製品は、最大動作温度定格を従来の110℃から125℃に拡張したことで、高温領域への実装が可能になり、機器の温度設計に余裕を持たせられる。

 また、2.0×1.45×1.3mmと小型で、実装基板のスペースを削減する。フォトリレー搭載数を増やせることから、半導体テスターやプローブカード、バーンイン装置、計測器などに適している。

オン電流やオン抵抗の異なる3種類をラインアップ

 入力順電圧は3.3V、阻止電圧は60V、絶縁耐圧は500Vrms。オン電流はTLP3407SRAが1A、TLP3475SRHAとTLP3412SRHAが0.4Aとなる。オン抵抗はTLP3407SRAが0.3Ω、TLP3475SRHAとTLP3412SRHAが1.5Ωで、高速テスターのスイッチング素子に適している。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

EDN 海外ネットワーク

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.