メディア
ニュース
» 2020年09月09日 09時00分 公開

ルネサス ISL94216:16セル対応のバッテリーフロントエンドIC

ルネサス エレクトロニクスは、産業用モビリティ向け16セル対応バッテリーフロントエンドIC「ISL94216」を発売した。同社のICを組み合わせたインバーター制御向け「48Vモビリティソリューション」の提供も開始した。

[EDN Japan]

 ルネサス エレクトロニクスは2020年8月、産業用モビリティ向けの16セル対応バッテリーフロントエンド(BFE)IC「ISL94216」を発売した。また、ISL94216と同社のマイコンなどを組み合わせた、インバーター制御向けの「48Vモビリティソリューション」の提供も開始した。

16セル対応バッテリーフロントエンドIC「ISL94216」

 ISL94216は、4〜16個の直列バッテリーパックに対応し、フルハイサイドのバッテリー保護と監視ができる。最大200mA+の外部セルバランス制御をサポートしている。ホットプラグ時の電圧は最大62Vで、大容量バッテリーパックを効率的に管理する。既に量産中で、1000個一括購入時の参考単価は、64ピンQFNパッケージで2.99米ドルだ。

モジュール式リファレンスデザインを提供

 48Vモビリティソリューションは、モジュール式リファレンスデザインのため、用途に合わせて機能を選ぶことで、開発期間やBOMコスト、工数の削減が見込める。同ソリューションは、ISL94216をはじめ、100V MOSFETドライバ「HIP2211」、モーター制御用32ビットマイコン「RX23T」を含む全15種類で構成される。

 コア機能ブロックとしては、モビリティ用ブラシレスDCモーターに適した「BFEおよび充電ボード」「モーター制御ボード」を、オプション機能ブロックとしては「Bluetooth LE 5.0通信制御ボード」「ワイヤレス充電ボード」を用意している。

 これらを利用すると、例えば25AHrのリチウムイオンバッテリーと1600Wのインバーターを使用して、モーターを5000回転/分で動かすことができる。

 芝刈り機や、電動カート、電動車いす、パーソナルモビリティ、ロボット掃除機、パワーツール、パワーバンク、UPS(無停電電源装置)、蓄電システムの他、電動キックボードや電動自転車の開発にも適している。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

EDN 海外ネットワーク

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.