メディア
連載
» 2020年09月10日 11時00分 公開

ユニバーサルカウンターの基礎知識(1):さまざまな時間測定器やユニバーサルカウンターの測定項目 (2/8)

[TechEyesOnline]

指示計器

 周波数を測定する指示計は、主に交流電源の周波数を測るために使われた。最初に普及したのは、異なる固有振動数持つ複数の鉄で作られたリードを並べた振動片形周波数計である。リードの上部は、振動を示す表示部となるため白く塗られている。下記にその構造を示す。

図3:振動片形周波数計の構造

 振動片形周波数計は第二次大戦前から1960年代ころまでは多く使われていたが、リードの振動による金属疲労が原因となる故障があるほか、応答も遅いため、現在ではほとんど見られなくなった。

図4: RPA型携帯用振動片型周波数計(横河電機製作所) 提供:横河電機

 その後、簡単な電子回路と電流計によって構成されたトランスデューサ内蔵周波数計器が登場した。この方式の周波数計は、広角度計器やパネル用計器として現在でも多く使われている。下記にはトランスデューサ内蔵周波数計器の構造を示す。

図5:トランスデューサ内蔵周波数計器の内部構造 出典:配電盤用計器(Fシリーズ)(米田明、阿部栄介 横河技報 1963年 Vol.7)

 周波数の値は電流計によって示されるため、周波数は針が示す目盛りを読む仕組みとなる。

図6:携帯用指針形周波数計 2038 提供:横河計測

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

EDN 海外ネットワーク

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.