メディア
ニュース
» 2020年10月09日 09時00分 公開

テレダイン T3DSO2000Aシリーズ、T3AFGシリーズ:オシロスコープと任意波形発生器の新製品

テレダイン・ジャパンは、テストツールの新製品として、帯域幅100M〜500MHzのオシロスコープ「T3DSO2000A」シリーズ4機種と、帯域幅200M〜500MHzの任意波形発生器「T3AFG」シリーズ3機種を発表した。

[EDN Japan]

 テレダイン・ジャパンは2020年9月、テストツールの新製品として、オシロスコープ「T3DSO2000A」シリーズ4機種と、任意波形発生器「T3AFG」シリーズ3機種を発表した。価格は、T3DSO2000Aシリーズが50万〜97万円、T3AFGシリーズが38万〜109万円(各税別)。

オシロスコープ「T3DSO2000A」シリーズ(左)と任意波形発生器「T3AFG」シリーズ(右)

帯域幅100M〜500MHzの4機種

 オシロスコープのT3DSO2000Aシリーズは、4チャンネルで帯域幅100MHzの「T3DSO2104A」、200MHzの「T3DSO2204A」、350MHzの「T3DSO2354A」、2チャンネルで帯域幅500MHzの「T3DSO2502A」(4チャンネル、350MHzでも使用可能)の4機種をそろえる。それぞれ最大200Mポイントのロングメモリ、2Gサンプル/秒のサンプリングレートを備えている。

 プロトコル解析(トリガ、デコード)や50MHzの任意信号発生器、ボード線図解析、スイッチング電源解析、最長2MポイントのFFTなどを標準で搭載。また、10.1インチのタッチパネルディスプレイを採用している。

 任意波形発生器T3AFGシリーズの新製品は、帯域幅200MHzの「T3AFG200」、350MHzの「T3AFG350」、500MHzの「T3AFG500」で、いずれもデュアルチャンネルを搭載している。サンプリングレートは2.4Gサンプル/秒で、16ビットの垂直電圧分解能、最大±20Vの出力電圧、1チャンネル当たり20Mポイントの波形メモリを備える。

 PRBSやユーザー定義の波形機能なども搭載し、オプションでI/Qにも対応する。ディスプレイには、4.3インチのタッチパネルを採用した。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

EDN 海外ネットワーク

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.