メディア
ニュース
» 2020年10月13日 09時00分 公開

マキシム MAX25205:手の回転を認識、車載用ジェスチャーセンサー

Maxim Integrated Productsは、手の回転やスワイプが検出可能な車載向けデータ収集システム「MAX25205」を発表した。ToFカメラを必要としないため、ソフト開発や保守の負担を軽減し、コストを10分の1、サイズを最大75%削減できる。

[EDN Japan]

 Maxim Integrated Products(マキシム インテグレーテッド プロダクツ)は2020年9月、車載向けに、手の回転やスワイプが検出可能なデータ収集システム「MAX25205」を発表した。サイズは4×4×1.35mmで、20ピンの光QFNパッケージで提供する。

車載向けハンドジェスチャーセンサー「MAX25205」

手のスワイプ、手指の回転など9種類のジェスチャーを認識

 光学系および6×10ピクセルの集積型光センサーアレイを内蔵し、赤外線(IR)LED光源からの反射光を検出することで、上下左右方向の手のスワイプ、手指の回転、近接ゾーンなど9種類のジェスチャーを1チップで認識する。LEDドライバを搭載するほか、インタフェースはI2CおよびSPIに対応。動作温度は−40〜+85℃で、AEC-Q100の認定も受けている。

 複雑なシステムを伴うToF(Time-of-Flight)カメラを必要としないため、ソフト開発や保守の負担を軽減し、コストを10分の1、サイズを最大75%削減できる。そのため、小型マイコンと組み合わせることも可能だ。

 明るい環境光の下でもジェスチャー検出が可能で、タッチスクリーンに直接触れないため、ディスプレイが指紋で汚れる心配もない。車載インフォテインメントや電話の制御、サイドミラー、冷暖房、トランク、サンルーフ、室内灯などの機械式スイッチの代替手段として期待される。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

EDN 海外ネットワーク

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.