メディア
ニュース
» 2020年10月15日 09時00分 公開

ams AS7038RB:厚さ0.65mmの薄型血中酸素飽和度センサー

amsは、厚さ0.65mmの薄型血中酸素飽和度センサー「AS7038RB」を発表した。リモート監視が可能で、イヤフォン、スマートウォッチ、リストバンドなどの小型製品や、パッチ、オキシメーターなどの医療機器に適している。

[EDN Japan]

 amsは2020年9月、厚さ0.65mmの薄型血中酸素飽和度(SpO2)センサー「AS7038RB」を発表した。バイタルサインのリモートモニタリングが可能で、イヤフォン、スマートウォッチ、リストバンドなどのコンシューマー向け小型製品や、使い捨てパッチ、オキシメーターなどの医療デバイスに適している。現在、サンプル注文に応じており、同年10月に量産開始を予定している。

血中酸素飽和度センサー「AS7038RB」

心電図もリモートで同時測定可能

 AS7038RBは、高感度のフォトダイオード、4つのLEDドライバ、アナログフロントエンド、シーケンサーを統合し、SN比の高いバイタルセンサーだ。アナログフロントエンドはIEC 6060-2-47の医療規格要件に準拠し、ECG(心電図)も同時に測定できる。LEDドライバを複数配置したことで、用途に合わせて手首、胸、額、指などへ、LEDの最適な配置ができる。

 また、独自のオンウエハー干渉フィルターを搭載し、590〜710nmと800〜1050nm(近赤外線)の波長帯で、周囲光の干渉を防ぎつつ、医療グレードのパルスオキシメーターと同等のSpO2測定ができる。SpO2と心拍測定のアプリケーションソフトウェアも付属し、大きさは3.70×3.10×0.65mmだ。

 現在流行している新型コロナウイルス感染症では、呼吸困難の初期兆候としてSpO2の低下が指摘されている。ウェアラブルでリモートモニタリング可能なSpO2測定デバイスによって、安全かつ迅速な診断に貢献する。

 また、波長525nmを使って心拍数と心拍変動を測定する「AS7038GB」センサーと、535nmのLEDを2つ搭載した「AS7030B HRM/HRVセンサーモジュール」も発表している。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

EDN 海外ネットワーク

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.