メディア
ニュース
» 2020年10月19日 09時00分 公開

東芝 TC75S102F:消費電力0.27μAのCMOSオペアンプ

東芝デバイス&ストレージは、消費電流0.27μAのCMOSオペアンプ「TC75S102F」の出荷を開始した。長時間動作を必要とするバッテリー駆動のモバイル機器やIoTモジュールでの利用を見込む。

[EDN Japan]

 東芝デバイス&ストレージは2020年9月、消費電流0.27μA(標準値)のCMOSオペアンプ「TC75S102F」の出荷を開始した。長時間動作を必要とするバッテリー駆動のモバイル機器やIoT(モノのインターネット)モジュールでの利用を見込む。

CMOSオペアンプ「TC75S102F」

広いダイナミックレンジが得られるオペアンプ

 同社のCMOSプロセスを利用し回路の最適化を図ったことで、0.27μAの低消費電流が可能になった。入出力許容電圧は入出力フルレンジ(入出力Rail to Rail)、動作電源電圧は1.5〜5.5V、入力オフセット電圧が最大値で1.3mVと低く、低電圧で幅広い入力信号の増幅と処理に対応する。

 ソース電流は0.6mA、シンク電流は0.4mA、遮断周波数は0.63kHz。外形寸法は2.9×2.8×1.1mmで、5ピンのSMV(SOT-25)パッケージで提供する。

 バッテリー駆動機器に内蔵したガスセンサー、煙センサーなどの微弱なセンサー信号を増幅するのに使用できるほか、IoTモジュールにも適している。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

EDN 海外ネットワーク

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.